自動体外式除細動器意識調査 あなたの思うAEDとは?

低価格で購入やレンタルが出来る様になれば

aed価格図3

 

自分らしく生きています
70歳 老人介護施設で20年介護職として勤務、その後介護支援専門員として高齢者に関わってきました。
主人を病気で亡くし現在一人暮らし、さみしさが襲いかかって来る事もありますが閉じこもりにならない様、地域のイベントにちょこちょこ出かけてリフレッシュしています。
現在、老老介護や一人暮らしで孤独師などが社会問題になっています。
地域のみんながお互いにおせっかいを焼きながら一人暮らしの高齢者の方たちに関わっていける体制ずくりが必要かなと思っています。

赤十字の講習会に参加して
2008年ころ介護施設に勤務していた時に赤十字の講習会の中にAEDの講習会がありました。
AEDの事は以前から関心があったので早速参加しました。
施設に入所している高齢者の方々は突然体調を崩してしまう事があります。
AEDがあれば救急車が来るまでの応急手当が出来るので施設の職員がみんなが使える様になると入所者さんも少しは安心できると思いました。

 

AEDを前むきに検討
施設の全体会議でAEDの必要性や導入を検討しました。
本当に必要なのかみんなで検討した結果今すぐとはいかないが前抜きに検討するという事で会議は終わりました。
すぐにでも導入してほしかったのですが施設側の都合も考えて妥協しました。

 

一度に講習会に参加できない
事務職やパートさんは日勤なのでいいですが介護職員の勤務時間がまちまちなので全員そろってAEDの勉強が出来ない。
勤務時間を調整しながら施設で講習をする事にした。

 

介護保険で導入を
介護施設や地域の施設の設置は早くから出来ましたが突然の事に対応できるように希望する家庭に設置できるようにしてほしい。
それには低価格で購入やレンタルが出来る様にしてほしい。
特に在宅で介護している家庭には介護保険で導入できれば使いやすいのではと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ