自動体外式除細動器意識調査 あなたの思うAEDとは?

家庭用へ、コンパクトで低価格のAEDの開発を

aed価格図5

 

AED講習会
AEDの講習会を受けた経験があります。
61歳女性です。
家族は4人と犬1匹です。
子供2人は独立しており、現在、夫婦2人と犬1匹で生活しています。主人は、まだ現役で働いております。私は、去年会社を定年退職しました。

AED導入
私が勤めていた会社では、サービス業と言う事もあり、お客様の健康管理の為に早くからAEDを導入していました。
知識としては以前から知っていました。
従業員は、1年に1回人口呼吸法とAED講習会を受けていました。
私自身、在職中に何回か講習会を受けています。

 

高齢化社会
高齢化社会が加速する現代においては、1家庭に1台あるべきものだと思います。
問題は金額です。
40万円前後します。
一般家庭では、ちょっと買えない金額です。
レンタルもありますが、長い目で考えると購入した方がお得になっていますが。
それでも、高額になるのは間違いありません。
結局は企業関係者しか購入出来ません。
家庭用として、コンパクトで低価格のAEDの開発が進んで欲しいものです。
これほど、技術が発達しているのだから実現可能だと思います。

 

AED使い方
私がAEDの講習会を何回か受けて感じた事があります。
今のところ実際使用したのは、講習会の時だけです。
AEDが優しい声で使用方法を細かく指導はしてくれますが、いざとなったら慌ててしまい1人で出来る自信がなく不安です。
幼児・ペースペーカーを付けている人は、使い方が変わります。
その時の見極めも難しいです。
医学に携わっている人達は慣れていますが、一般の人がどのくらい使いこなす事が出来るかも課題になると思います。

 

AEDを家庭へ
AEDを、家庭で、又、個人で持つようになるには、購入しやすい価格設定、誰でも使える簡単操作、持ち運び便利、そして自治会が主体となっての、会社・地区などの講習会の充実じゃないかと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ