自動体外式除細動器意識調査 あなたの思うAEDとは?

AEDを個人的に持つことを意識するように紹介すべきでは

aed価格図10

 

いつか自分が倒れた時
56歳の自営業で、妻と二人だけの生活です。
子供がいないので、何処に行くにも二人で行動しています。
妻は一人で出かけることに不安を持っているので、私が買い物にも付き会っています。
私に何かあると心配です。

最初は、NHKのあさいちで見ました
いつも、NHKのあさいちを見るのが、日課になっているのですが、この時の紹介がAEDでした。
最初の印象は名前が判りにくかったことです。
AEDも判りにくいですが、日本語の自動体外式除細動器も判りにくい名前でした。
もう少し親しみやすい名前をつけてくれれば良かったのにと思いました。
皆に覚えてほしいのですから、自動心臓蘇生器とでもしてもらえれば覚えやすいと勝手に思っていました、

 

自宅に置くのは、もう少し後かも
私も心臓はあまり強くないと感じています。
病気があるわけではありません。
しかし、3日ほど深夜遅くまで自宅で調べ物をして、寝不足が続いた有る日、背中と胸に締め付けるような痛みを感じました。
30秒以上続いたので、少し危険を感じました。
部屋の柱の角に背中を当てて、体重をかけるようにして抑えました。
しばらくして、少し楽になったので、横に寝て、背中に自分の拳を当てて安静にしていました。
なんとか痺れるような痛みは消えて、ほっとしました。
このようなことは、初めてではありません。
40代の頃から、徹夜をした後は、発作的に出ていた症状です。
心臓が悪いのかと病院に行きましたが異常はありませんでした。
自分では、一過性の心筋梗塞だと思っています。
そんなことから、いつかAEDが必要になるような気がしています。
自宅に配備することも考えなければいけなくなるかも知れません。

 

導入価格の高さと大げさに感じる
これだけの機械ですから、高いのは当たり前だと思います。
しかし、個人で持つ物ではないようにも感じます。
公共施設や、人ごみの多い街角や商店街、デパートに配備してほしいと思います。
テレビの放送も、そのような場所に備える物のように、印象を受けます。
もっと個人的に持つことを意識した紹介をしてほしいと思います。

 

配備を法律家に
やはり低価格化と大きな建物の防災に組み込んで、法律で配置することを定めてほしいです。
個人の家になくても、あの建物にあると知っていれば、自分でなくても他人が倒れた時に速やかに使用出来ます。
体験会も、公共施設に申し込んで体験するとなると時間の調整など手間がかかります。
デパートなどで無料体験会を設けてもらえると参加しやすいです。
商店などの民間にも協力して使い方を広めてほしいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ