自動体外式除細動器意識調査 あなたの思うAEDとは?

AEDの価格の高さ、そして使用方法の不安が躊躇させる

aed価格図9

 

自然の中での生活が好き
現在、犬3匹とのんびり地方で暮らしている40代の女性です。
以前は旦那様と東京に住んでいましたが、円満離婚をした事がきっかけで、実家に戻りのんびり生活しています。
自宅でwebデザイナーの仕事をしており、自然の中にいることが大好きなので、今の生活に満足しています。

叔父がAEDで何度か助けられました
毎日のんびりと生活をしていますが、実は数年前までは自分の時間を全く持てないほど忙しい生活をしていました。
仕事をこなすのも大変でしたが、それに加えて父や叔父の介護などに時間をかけなくてはならなかったからです。
特に叔父は心臓に持病を持っており、何度か救急救命士の方にAEDを使って助けて頂いたことがあります。
私はAEDの存在を知っていましたが、実際に命を救うことができる装置なのだということを実感させてもらいました。

 

あると便利
実際に叔父が命を救ってもらったので、AEDは消化器のように一家に日一台あると便利だなと思います。
しかし購入しても、レンタルしても価格が高いのでどちらにしても躊躇してしまうのが現状です。
近くの駅や小学校などの施設にあっても、一刻一秒を争う時に取りに行く時間はないので、やはりAEDは家にあると便利だと思います。

 

使い方がわからない
AEDの普及のネックになっている原因は前述した価格の高さもありますが、使用方法が分からないので不安に感じる人が多いのではないかと思います。
私は以前消防士さんから救急救命の方法や消化器の使い方など簡単な方法を教えてもらったことがありますが、正直言ってもう忘れてしまいました。避難訓練と同じように、学校や職場でAEDの使用方法を訓練すべきではないかと思います。

 

意識改革
災害が起こりやすくなっている今の現状からいうと、自分の身や周りの人たちの命や安全を守るということを普段から意識した方が良いと思います。
そのためにもAEDの普及は必要ではないでしょうか。
もっとAEDが身近な存在になって、一人一人が命を守るということに意識が向くようになれば、突然の事故や病気、災害などから一人でも生命を守ることができるようになるのではないかと思っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ